天然木家具のできるまで

国産の天然・無垢材のみを使用します

木輪舎では、京都の地産材であるスギやヒノキの他、日本の森で育った希少な広葉樹で作られた家具を取り扱っています。また、木輪舎は、京都市の「京の山 杣人(そまびと)工房」の認定を受け、山とまちをつなぐ役割を担っています。

↓
京都の森

熟練の職人たちの手で材木となります

木は、いきもの。私たちと同じように、一本一本、個性やクセがあります。いい木材をとるには、熟練の技と知識が必要。木輪舎では、ともに歩んできた信頼の置ける製材所と連携をはかっています。

↓
熟練の職人たちの手

ひとつひとつ丁寧に
職人の手によって仕上げます

使う人のことを考えて、ていねいに仕事をする。当たり前のことですが、その努力に終わりはありません。木輪舎では、職人とともに、お客さまに使い続けていただけるような家具をていねいに作っています。また、仕上げには自然塗料や植物オイルを用い、人にやさしい家具作りを心がけています。

↓
職人の丁寧な作業

長く使い続けていただけるよう、
メンテナンスにもご対応します

天然・無垢材の家具は、経年による風合いの変化をお楽しみいただけるものです。それぞれの家具が、次の世代にまで受け継がれるようにとの願いを込めて、定期的なメンテナンスにもご対応しています。

職人の丁寧な作業